Skip to content

おもちゃのサブスクにも様々な種類がある

おもちゃのサブスクを利用する際に気になる点としてよく挙げられるのが、交換する手続きが面倒という点です。確かに返却する箱を探してきて詰めて、伝票を書いて発送するとなると大変ですが、新しいおもちゃが入れられてきた箱を使って返却を行い、伝票も同梱されているものを使えるのであれば手間はほとんどかかりません。交換する時の手続きがどのようになっているかはサブスクごとに違いますので、手間がかかるのを懸念しているのなら、簡単に返却できるようなサービスを利用することが大切です。多くの人が手間を嫌う傾向にありますので、楽に返却できるサービスも増えています。

届けられるおもちゃは、サブスクの会社が月齢や年齢、好みに合わせてセレクトしたものであることが大半です。選んでもらったものが気に入らずに遊ばない可能性があるのではないかと心配する人がいますが、好みの偏りがある場合には事前に伝えておくと配慮してもらえますし、選んでもらうのではなく自分で選んだものだけを届けてくれるサービスも存在します。選べる場合には子どもの好みに合わせて本当に必要なものをセレクトできますので、満足度も高くなります。交換周期はほとんどが決められていて、慣れるまでに時間のかかる子は3か月から半年程度の長いスパンのものを利用するのがお勧めです。

すぐに飽きてしまう子は短いスパンでどんどん交換したいので、1か月から2か月のタイプにすると良いでしょう。交換時期を自由に選べるサービスも見つかります。おもちゃのサブスクのことならこちら

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です